ベルリン3ヶ月目にして現地のバイトをゲットしたお話。

投稿者:
Pocket

お久しぶりです。RINAです。

しばらくの間ブログをサボってしまいました。

しかし嬉しいことに、この期間友達や、全く予期していなかった方から、ブログ見てるよとか、最近活動していないけどどうしたのというお声を頂いて、少しでも読んでくださっている方がいることに感謝の気持ちでいっぱいです。

というわけで、これからは頑張って続けてみようかと、腹をくくった今日この頃です。

この期間、たくさんの変化があったのでそのことのついて書いていきたいかと思います。

まず第一に声を大にして言いたいのはタイトルにもあるように、ベルリン3ヶ月目にしてやっと!!現地のバイトをゲットできました。1、2ヶ月目はビザの手続きや引越し、妹の学校(ギウナジウム)の手続きなどこっちでの生活基盤を整える段取りに追われていましたが、2ヶ月目からは妹との二人暮し生活にも慣れてきました。

バイトをゲットしたとはいうものの、CVを配り回ったり、求人サイトに応募しまくったわけではありません。

ではどのようにして、現地のバイトをゲットしたのか。

 

それは、コネクション。

私の場合、語学学校で出会った、スペイン人の友達のバイト先のオーナーがたまたま人手を募集していたため、紹介を受けて、面接を受けたところ、晴れて採用につながりました。

コネクションと言っても友達つながりや、遊び仲間を増やすとうのではなく、

意識的にコネクションを持つことが重要となってきます。

では何が大切なのか。

1. 仕事を探しているアピール

今回私がコネクションを通じてでバイトを取得することができたのですが、このチャンスも自然と転がってきたわけではありません。

私がバイト探しをした代わりに意識的にしていたこと。

その一つは、自分は仕事をするためにここに来ているとしっかりとアピールすること

初対面の人と挨拶をする際に、What do you do here?と聞かれることがよくあります。その際に、何をしているかを伝えることはもちろんですが、今後何をしたいのかを、簡潔にしっかりと述べることが大切なのです。私の場合、午前中は語学学校に通っており、午後はドイツ語の勉強やプログラミング、ブログを書いたり、好きな時間を過ごしてましたが、その質問を受けた時には私はここで仕事がしたい、また現在探している。そのために今はドイツ語と、プログラミングを勉強してる。という感じでアルバイトや、仕事を探しているアピールをすることが大切ではないかなと思います。

2. 言語ができなくても、自分の熱意とできることを全力でアピール
私の場合、現地の仕事を見つけるのは、時間がかかると思っていました。なぜならば、言語の壁、、、ドイツ語で接客するなんてありえない。
面接をした際に、ドイツ語はできるかどうかもちろん聞かれました。
語学学校には通っているものの、日常会話にも満たないレベル。それでも、採用されることになりました。その理由として考えられるのは、英語。

もしもドイツ語ができないのであれば、英語は必項条件!!特にベルリンのドイツ人は英語も流暢なため職場でのコミュニケーションにはほとんど問題はありません。接客となるとやっぱりドイツ語になってしまいますが…

また自分の能力、経験、またここで働きたいという想いを見せること。言語ができない分、自分のアピールポイントをしっかりと伝えることが本当に大切です。
自分を少し自分を大きく見せることが大切なんじゃないかなと思います。

大きく見せることに、はじめは少し抵抗があるかもしれません。実際に私も実際にはまだ勉強中であるプログラミング言語をあたかも取得したかのように言ってしまった後に、本当はまだ勉強中で形にしたことがないと、何か嘘をついてしまったように思ってしまうこともありました。しかし、そういう工夫も海外で職を探すにおいては必要なんです。行ってしまった反動や、もしも話がうまい方向に転がった際には、それをモチベーションに、今まで以上に努力することになります。

3. 時給や出勤回数はしっかりと聞いておく

紹介で受けたバイト先だから信頼できるとはいえ、面接時には給料、出勤可能回数など、基本的なこと、自分の要望などははしっかりと聞き、伝えましょう。いくら仕事が欲しいとはいえ、そこは妥協せず、海外で生活するにおいて、しっかりと自分の意思を主張することは大事ですし、あたりまえの文化として捉えられているため、受け入れてもらえます。

特に皆が皆とは限りませんが言語が通じない、またアジア人ということで他とは違う条件で多くの労働をさせられることがたまにあります。そうならないためにも、自分の意思、また条件に納得いかない部分があればしっかりと伝えましょう。そうすることで公平な立場で働けるようになります。一つでも妥協して、お人好ししてしまうとなめられてしまい、次から次へともうその時には今更言えないという状況になってしまいます。海外でお仕事したい!という気持ちが勝ってしまい条件をすべて鵜呑みにしてしまう気持ちを分かりますが、自分にとって良い環境で働けるよう、しっかりと自分の意見も伝えましょう。

コネクションを通じてでバイトをするメリットはたくさんあります。
また、何と言っても信頼できるといったことが一番大きいのではないでしょうか。

働く側としても、友達から紹介を受けたオーナーさんの元で働くのは何か安心できるものがあり、言語がわからない外国人を悪徳な商法で雇っているお店も実際にたくさんありますが、その心配は半減。また、雇う側も紹介ということで、採用するハードルが低くなり、採用されやすくなります。そうすると、時間、労力に費やす手間が浮き良いサイクルとなるのです。

海外で現地のバイトを探すことはハードルが高いかもしれません。

しかし、思ってもみなかった話が転がってきたり、つながりがつながりを呼ぶことで、なんだかんだきっとうまくいくんです。不安も困難も多い海外生活ですが、これが海外に住む楽しみであったりもするのかな~なんて思っているお昼過ぎでした。

それでは~
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です